ニュース
» 2017年04月24日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:拡大続く国内M2M市場、2021年度は2000億円に

矢野経済研究所は、国内のM2M市場に関する調査結果を発表した。国内のM2M市場規模は、エネルギー関連をはじめ、設備/機器監視など各分野で需要が拡大し続け、2021年度には2000億円に達すると予測している。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2017年4月10日、国内のM2M市場に関する調査結果を発表した。同調査は、国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO、プラットフォームベンダー、ユーザー企業などを対象とし、2016年12月〜2017年3月に実施された。

 M2M(Machine to Machine:機器間通信)とは、通信規格に準じた通信モジュールを内蔵した機器やデバイス間で情報のやりとりをする仕組み。これまで、自動販売機やエレベーター、重機/建機などの監視や各種環境計測などに用いられてきた。

 同調査によると、2015年度の国内M2M市場規模(事業者売上高ベース、以下同)は堅調に推移し、1610億円となった。2016年度も前年度同様、上位事業者の事業拡大やMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)によるサービス多様化などが功を奏しており、M2Mの利活用が中堅規模のユーザー企業にも浸透し、2016年度の同市場規模を前年度比106.2%の1710億円になると見込んでいる。

国内M2M市場規模予測 国内M2M市場規模予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 2015年度末の国内M2M累計回線数1690万回線を分野別に見ると、エネルギー関連が480万回線(構成比28.4%)と最も多かった。続いて、設備・機器監視(同22.5%)、流通・物流関連(同20.1%)、自動車関連(同17.2%)、その他(同11.8%)という結果だった。

2015年度の利用分野別の国内M2M累計回線数 2015年度の利用分野別の国内M2M累計回線数(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 M2M市場は、引き続きエネルギー関連でのスマートメーター/HEMS関連需要が市場をけん引していくと見られる。設備/機器監視でも、工場設備や生産機械での遠隔モニタリング、保全/メンテナンス向けの需要が伸び、流通・物流関連では電子マネーや各種精算機などの決済関連、店舗/倉庫のエネルギー、在庫管理でM2Mの活用が広がる。自動車分野では、カーシェアリングや位置情報関連で需要拡大が続く見込みだ。

 こうした動きから、同研究所では、2021年度の国内M2M市場規模を、2000億円になると予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.