ESEC2017
ニュース
» 2017年04月25日 14時00分 UPDATE

ESEC2017&IoT/M2M展 開催直前情報:「Windows 10 IoT」にも「Creators Update」がやってくる!

今回からIoT/M2M展への出展を決めたマイクロソフト。IoTデバイスのためのOSである「Windows 10 IoT」でも話題の「Creators Update」が利用できるようになるが、展示ではその一端を紹介する。クラウド「Microsoft Azure」との接続を認証するプログラム「Azure Certified for IoT」の拡大状況も報告する予定だ。

[MONOist]

 2017年5月10〜12日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第20回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2017)」および、IoT(モノのインターネット)やM2M(Machine to Machine)システムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第6回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2017およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やレポート記事を多数掲載していく。

 今回紹介するのはIoTデバイス向けOS「Windows 10 IoT」を展開する日本マイクロソフトだ。前回まではESECに出展していた同社だが、今回はIoT/M2M展に出展することとなった。

IoTデバイスのためのOSとは?

「Windows 10 IoT」のロゴ 「Windows 10 IoT」のロゴ 出典:日本マイクロソフト

 日本マイクロソフトの展示テーマは「IoTデバイスのためのOS:Windows 10 IoT/Windows Embedded」だ。同社は、デバイスからクラウドまで、IoTに必要なセキュアなプラットフォームを提供するばかりでなく、さまざまなBI(ビジネスインテリジェンス)、可視化ツールも含めエンドツーエンドで提供する唯一のサプライヤーである。

 今回から、組み込み機器がIoTのための機器に進化しているという背景を考慮し、IoT/M2M展にブースを構えることとした。また、クラウド「Microsoft Azure」との接続を認証するプログラム「Azure Certified for IoT」が拡大していることも示すという。

 まずは、13社のパートナー企業と共に展示する、Windows 10 IoT OS搭載製品を中心としたIoTソリューションを紹介しよう。一例となるのが、Windows 10 IoT搭載セルフPOSとロボットの組み合わせにより、レジで顧客をヘルプするデモだ。クラウド接続により、レジに来た顧客を認識し、個々に最適な対応が可能なことを示す。また、最近発表されたWindows 10のアップデートである「Creators Update」の新機能の中から、Wi-Fiやイーサネットなどの上でUSBプロトコルを利用できるようにする「MA-USB(Media Agnostic USB:メディア非依存USB)」のデモや、話題の複合現実を体験できる「HoloLens」も用意している。この他、展示ブース内ではさまざまなトピックでのセッションを聴講できる予定だ。

「Azure Certified for IoT」のロゴ 「Azure Certified for IoT」のロゴ 出典:日本マイクロソフト

 IoTを語る上でデータを獲得するデバイスは、極めて重要な存在だ。組み込み/エレクトロニクス業界は、IoTのような変化に迅速に対応していかなければならない。中でも、クラウドへの接続性はIoTとしての生命線にかかわる問題だ。IoTデバイス向けのWindows 10 IoTを推進する立場のマイクロソフトだが、クラウドのMicrosoft Azureについては、Windows 10 IoTにとどまらないさまざまなIoTデバイスとの接続性の提供も重視している。そのための認証プログラムがAzure Certified for IoTだ。「無料のプログラムなのでぜひ活用していただき、ビジネス拡大のお手伝いをさせていただきたい」(日本マイクロソフト)としている。

 「マイクロソフトは会社をあげて、IoTを含むデジタル変革に取り組んでおり、お客さまのビジネスをデジタルの力で改善することをサポートしております。デジタルをうまく活用することがビジネスの成功につながる時代となり、スタートアップから大手企業まで幅広いパートナーシップを結び、さまざまなソリューションを提供しています。マイクロソフトでは、これからの時代を共に変革してゆくパートナーを常に募集しておりますので、ご興味のある方は、ぜひマイクロソフトブースにお越しください」(日本マイクロソフト)

第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)&第6回 IoT/M2M展

会期: 2017年5月10日(水)〜12日(金)
時間: 10:00〜18:00(12日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
日本マイクロソフト ブースNo.: 西3・4ホール/西13-77

ESEC2017&IoT/M2M展 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

IoT | Microsoft | Windows 10 IoT | M2M | Microsoft Azure | ESEC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.