ニュース
» 2017年05月01日 06時00分 UPDATE

車両デザイン:マツダのミニバンが生産終了、日本の3列シート需要は「CX-8」で対応

マツダはクロスオーバーSUVの新型車「CX-8」を2017年中に国内で発売する。国内向けの新世代商品群としては初めての3列シートを採用、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付ける。販売目標台数は非公表。

[齊藤由希,MONOist]

 マツダは2017年4月28日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-8」を2017年中に国内で発売すると発表した。国内向けの新世代商品群としては初めての3列シートを採用、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付ける。販売目標台数は非公表。

CX-8のインテリア。国内向けの新世代商品群としては初の3列シート CX-8のインテリア。国内向けの新世代商品群としては初の3列シート(クリックして拡大) 出典:マツダ

 排気量2.2l(リットル)のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と、6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を組み合わせる。車両価格は300万円台前半からを予定している。「ミニバンに代わる新たな市場を創出する。そのため、価格帯もミニバンに寄せていく」(マツダ 代表取締役社長の小飼雅道氏)。外形寸法は全長4900×全幅1840×全高1730mmで、ホイールベースは2930mm。

 ミニバン「プレマシー」「ビアンテ」の生産は終了して3列シートを求める日本のユーザーにはCX-8を提案していく。CX-5の買い替えを検討し、3列シートが必要な既存の顧客にも勧めていく。なお、マツダは2016年春に北米向けに3列シートSUV「CX-9」を発売したが、外形寸法は全長5075×全幅1969×1747mmとなっており、日本国内で乗るにはサイズが大きい。

モデル名 全長 全幅 全高
CX-5 4545 1840 1690
プレマシー 4585 1750 1615
ビアンテ 4715 1770 1835
CX-8 4900 1840 1730
CX-9 5075 1969 1747
マツダの各モデルの外形寸法比較
ビアンテ(左)プレマシー(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

関連キーワード

マツダ | SUV | ミニバン | SKYACTIV | 車両デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.