連載
» 2017年05月02日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:寝ていた人が起き上がったのを知らせるベッド、毎日の体重測定にも対応

フランスベッドは、ベッド利用者の離床動作を検知して通知するベッド内蔵型見守りロボット「見守りケアシステム M-2」を発売する。センサーが利用者の体動や動作を検知し、ナースステーションに通知する。

[MONOist]

 フランスベッドは2017年4月19日、全国の病院施設に向け、ベッド利用者の離床動作を検知して通知するベッド内蔵型見守りロボット「見守りケアシステム M-2」を発表した。同社の電動ベッドシリーズ「FBT」「FBR」「FB-033」に対応し、センサーが利用者の体動や動作を検知し、ナースステーションに通知する。発売は同年5月1日を予定している。

 同システムは、利用者の離床動作を検知して通知することで、ベッドからの転倒、転落の危険性を低減する。また、認知症の人の徘徊による事故などの予防にも役立つという。通知モードは、「動き出し」「起き上がり」「端座位」「離床」「離床管理」の5つから設定する。利用者の体重を毎日量る「体重測定機能」や、センサー機能を一時停止しても再度検知を開始する「自動見守り再開機能」を標準で搭載。行動管理機能は、3種類の中から病院施設の用途や環境に合わせて使い分けが可能だ。

 さらに、手元のコントローラーで通知日時を確認できる「通知履歴」機能も搭載した。オプションとして、SDカードに通知時間や回数、体動データなどの行動特性詳細を記録し、利用者の行動予測に役立てられる「ログ解析ソフト」機能、利用者の状態を施設内の無線LAN環境を使用し、リアルタイムで確認できる「無線LAN対応」機能をそろえた。

photo ベッドに「見守りケアシステム M-2」を内蔵(クリックして拡大) 出典:フランスベッド

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.