特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年05月02日 08時00分 UPDATE

製造業IoT:現場ニーズに即したIoT構築を支援するDIY型IoT開発環境を提供開始

インフォテリアとCerevoは、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」を組み合わせたIoT開発環境の提供を開始した。企業それぞれの現場ニーズに合わせたIoT環境の構築が容易になる。

[MONOist]

 インフォテリアとCerevoは2017年4月18日、同社のIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」を組み合わせたIoT開発環境の提供を開始した。両社が2016年10月に発表した協業を受けての取り組みとなる。

インフォテリアのIoTプラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」photo」を組み合わせる インフォテリアのIoTプラットフォーム「Platio」とCerevoのBluetoothモジュール「BlueNinja」photo」を組み合わせる 出典:インフォコム
「BlueNinja」からの多様な情報をスマートフォンのアプリ上で手軽に取得できる 「BlueNinja」からの多様な情報をスマートフォンのアプリ上で手軽に取得できる 出典:インフォコム

 今回提供するIoT開発環境は、Platioの対応機器としてBlueNinjaの設定を追加し、PlatioからワンクリックでBlueNinjaに接続できる。IoT機器と対応ソフトウェアの両方を連携させたカスタム開発が可能となり、企業がそれぞれの現場ニーズに即したIoT環境をDIY型で簡単に構築できる。

 Platioは、プログラミング知識のいらないテンプレート型のIoT構築用プラットフォームだ。テンプレートを用いてIoTアプリを作成すると、連動してクラウド上にサーバ側プログラムやデータベースが自動生成され、アプリ配布・更新が可能となる。

 BlueNinjaはIoT機器の試作・量産向け開発モジュールで、Bluetooth Low Energyと「ARM Cortex-M4F」コア内蔵のSoC「TZ1001」を採用している。9軸センサー(加速度、角速度、地磁気)、気圧センサー、リチウムイオン電池の充電・放電回路を搭載する。

 両社は今後、BlueNinjaとPlatioを利用したIoT開発の推進やコンサルティングに注力する考えを示している。

関連キーワード

IoT | Cerevo | インフォテリア | 開発環境


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け