ニュース
» 2017年05月08日 13時00分 UPDATE

ハノーバーメッセ2017:モジュラー型生産のカギを握る情報端末、IBMなどと連携

ハーティングは、ハノーバーメッセ2017において、2016年に「HERMES AWARD 2016」を受賞した統合基盤向けインタフェース「MICA」のポートフォリオの拡大について訴えた。

[三島一孝,MONOist]

≫ハノーバーメッセ2017特集はこちら

 ハーティングは、ハノーバーメッセ2017(2017年4月24〜28日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、2016年に「HERMES AWARD 2016」を受賞した統合基盤向けインタフェース「MICA(Modular Industry Computing Architecture)」が、IBMとの連携などを含め、ポートフォリオを拡張していることを訴えた。

 ハーティングの「MICA」は、ボックスコンピュータ型のコンパクトな筐体にインタフェースとLinuxベースのコンピュータを内蔵。コネクタのインタフェース情報や同コネクタを通る情報を保持することなどが可能となる仕組みである。生産ラインの構成情報などを保持し、ライン変更時などにその構成情報をもとにすぐにライン復旧を可能とするような使い方の他、クラウドゲートウェイやPLC連携などさまざまな使い方を想定できるという。

 同機能がインダストリー4.0などで注目される「モジュラー型生産」などに効果的だとして評価を受け、ハノーバーメッセが実施している技術賞「HERMES AWARD(ヘルメスアワード)」を2016年に受賞している。

photophoto コネクタのインタフェース情報を保持できる「MICA」を活用することでコンパクト化を実現した電気自動車のプロトタイプ(左)と同プロトタイプに採用された「MICA mini」(クリックで拡大)

 ハノーバーメッセ2017では、この「MICA」のポートフォリオを拡大。Digital Technology Polandなど新たな開発パートナーの協業などの他、IBMとクラウドデータの収集や分析、加工などの領域で協業。「Watson IoT」などを活用する方針を示した。さらにMICAアプリケーションの開発において、ハーティングとパートナー企業が意見を交わし、新たな開発を進めるコミュニティー「MICA.network」を用意し、さらに効果的なアプリケーションなどを拡張していく姿勢を示した。

photo ハノーバーメッセ2017でのハーティングブースの「MICA.network」の紹介コーナー

 IBMとの協業では、ハーティングの自社工場での自社実践なども推進。ハーティングの工場の射出成形機にMICAを設置し、MICAを経由して、IBMの情報プラットフォームである「IBM Bluemix」上で収集。さらにこれをWatson IoTにより分析し、加工するという実践の結果を示していた。

≫ハノーバーメッセ2017特集はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け