ニュース
» 2017年05月09日 09時00分 UPDATE

製造業IoT:「つながるタクシー」に向け実証実験を開始

トヨタ自動車とKDDI、東タク協は共同で、データセンターとの通信で新たなサービスを提供する「つながるタクシー」を目指し、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験を開始した。

[MONOist]

 トヨタ自動車とKDDI、東京ハイヤー・タクシー協会(東タク協)は2017年4月25日、データセンターとの通信で新たなサービス提供が可能となる「つながるタクシー」を目指し、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験を開始した。技術要件の明確化と大容量の走行データの活用を目的としている。

 今回の実証実験では、トヨタが東京都内500台のタクシーに通信型ドライブレコーダー「TransLog」を搭載し、実際の走行画像や車両データをリアルタイムに収集する。収集したビッグデータを解析して、トヨタが提唱するモビリティサービス・プラットフォームの機能を拡充し、タクシー事業者向け新サービスや次世代タクシーの開発に活用する。

 またKDDIは、TransLogに搭載するSIMと、高品質な4G LTEネットワークを提供。車両データ処理時のネットワーク品質の確認や、次世代のネットワーク構築に必要な要件について検討する。東タク協は、実証実験に使用する500台のタクシーを選定し、各タクシー事業者との調整役を担う。

photo 実証実験のイメージ

関連キーワード

タクシー | KDDI | トヨタ自動車 | IoT | 製造業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け