ニュース
» 2017年05月16日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:2017年はLPWA開花の年に

2020年を待たず、一気に花開きそうです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年5月16日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


2017年はLPWA開花の年に

 IoT(モノのインターネット)とは、インターネットに接続された「モノ」のことです。PCやスマートフォンが、「人」をつなげることを目的とするインターネットであったため、これとは別にIoTが定義されたわけです。

 しかしモノをつなげると言っても、そう簡単につなげられるわけではありません。有線でつなげられるモノは限られており、無線通信でつなげるとしても、従来の携帯電話回線やWi-Fi、Bluetoothでは、消費電力や通信距離、コストの問題を解決できない場合が多いのです。

 このIoTをつなげるラストワンマイルを解決する手段として、急速に注目を集めているのがLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークです。LPWAは、無線通信技術でありながら、低消費電力でkmレベルの広域をカバーし、通信コストも抑えられるので、まさにIoTをつなげるのにうってつけなのです。

 2016年まで、国内のLPWAの実用化についてはあまり進んでいませんでしたが、2017年に入って一気に普及の兆しが出てきました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.