ニュース
» 2017年05月19日 10時00分 UPDATE

CADニュース:初心者に優しい、費用や納期もチャットで相談できる3Dデータ作成サービスを開始

X人の株式会社は、初心者向けの3Dデータ作成サービス「モデリー」を開始した。費用や納期について、ユーザーがチャットで相談できる窓口を設置するなど、3Dデータの作成経験がないユーザーが利用しやすい仕組みとなっている。

[MONOist]

 X人の株式会社は2017年5月1日、初心者向けの3Dデータ作成サービス「モデリー」を開始した。費用や納期についてユーザーがチャットで相談できる窓口を設置するほか、データ作成費用も事例を使って提示する。3Dデータの作成経験がないユーザーでも利用しやすい仕組みとなっている。

 モデリーでは、VR/ARやゲーム、アニメーションなど、さまざまな用途に向けた3Dデータが作成可能だ。例えば、イメージ図から3Dプリント用データを作成したり、平面イラストから3Dキャラクターモデルを、人物写真からリアルな人物3Dモデルを作成することもできる。

 また、同サービスでは海外のデザイナーにデータ作成を依頼。そのため、高品質なモデルを低価格で納品できる。

 これまでの3Dデータ作成サービスは、費用や内容が分かりにくく、初心者が作成を依頼しづらい面があった。同社では、これが3DプリントやAR/VR普及の課題になっていると考え、ユーザーが簡単に利用できる3Dデータ作成サービスを開始した。

photo イラストを元に作成した3Dキャラクターモデル
photo 銅像の写真を元に作成したトロフィー用3Dモデル
photo イメージ図面を元に作成したバット型コントローラー用3Dモデル

関連キーワード

3D | 初心者 | CADニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.