ニュース
» 2017年05月25日 10時00分 UPDATE

CAD事例:開発製造プラットフォームで設計した交通ポッドが競技会で入賞

ダッソー・システムズは、スペースX主催の学生向け「ハイパーループ・ポッド・コンペティション」において、ポッドの設計/開発にダッソーの「3DEXPERIENCE プラットフォーム」を用いた3組の学生チームが上位入賞したと発表した。

[MONOist]

 仏ダッソー・システムズは2017年4月5日、スペースX主催の学生向け競技会「ハイパーループ・ポッド・コンペティション」において、ポッドの設計/開発にダッソーの「3DEXPERIENCE プラットフォーム」を用いた3組の学生チームが上位入賞したと発表した。

 ハイパーループは、チューブの中でポッドを高速移動させる交通システムだ。安全で高速、かつ低コストのため、現在の交通手段に代わる構想として開発されている。ハイパーループ・ポッド・コンペティションはポッドの試作機の開発推進と学生のイノベーション奨励を目的とした競技会で、参加する学生たちは、優れたハイパーループ・ポッドの設計/製造に挑戦する。

 今回の総合優勝はデルフト工科大学で、設計/製造の部門賞を獲得した。同チームは、3DEXPERIENCE プラットフォーム・オン・ザ・クラウドを使用して最高時速1200km以上/質量149kgで空気抵抗を最小限に抑え、フェイルセーフのブレーキシステムを備えたポッドを設計した。

 総合2位は、最高速度のポッドを対象とした部門賞を獲得したミュンヘン工科大学。同チームはCATIAアプリケーションを用いた。また、SOLIDWORKSアプリケーションを使用したマサチューセッツ工科大学が総合3位となり、安全/信頼性の部門賞を獲得した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.