ニュース
» 2017年05月31日 09時00分 UPDATE

キャリアニュース:新卒採用のエントリーシート選考に人工知能を活用

ソフトバンクは、応募者をより客観的に評価する目的で、新卒採用のエントリーシート選考の中で人工知能「IBM Watson日本語版」を活用する。

[MONOist]

 ソフトバンクは2017年5月29日、応募者をより客観的に評価する目的で、新卒採用のエントリーシート選考の中で人工知能「IBM Watson日本語版」を活用すると発表した。エントリーシート選考の合否判断にIBM Watsonによる評価を採り入れ、評価軸を統一することでより公平な選考を目指す考えだ。

 ソフトバンクは今回、IBM WatsonのAPIの一つであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)を使い、エントリーシートの内容を認識・評価させる計画。あらかじめ過去のデータを学習させておき、応募者のエントリーシートデータを項目ごとに評価させる。IBM Watsonによって合格基準を満たすと評価された項目は選考通過とし、それ以外の項目は人事担当者が内容を確認して、最終的な合否を判断する。

軽減できた時間を応募者との対面コミュニケーションに

 IBM Watsonを活用することで、人事担当者がエントリーシートを確認する時間を75%程度軽減できる見込みだ。その軽減できた分の時間を、応募者との対面でのコミュニケーションに充てることを予定している。

 IBM Watsonを活用したエントリーシート選考の対象者は、ソフトバンクの総合職(総合コース・営業コース)志望者、同社の新卒採用枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者・他企業での就業経験者となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.