ニュース
» 2017年05月31日 12時00分 UPDATE

CAEニュース:設計データの管理機能を強化した光学設計解析ソフトの最新版

サイバネットシステムは、光学設計解析ソフトウェアの最新バージョン「CODE V 11.0」の販売を開始した。新機能により、光学機器設計時に要求仕様や目標性能を表形式で一元管理でき、設計中の機器の評価/比較も容易になった。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2017年5月17日、光学設計解析ソフトウェアの最新バージョン「CODE V(コード ファイブ)11.0」の販売を開始した。米シノプシスが開発したソフトウェアで、光学設計(レンズ設計)/評価解析/製造支援に必要な各種機能を搭載し、撮像機器や投影機器、レーザー関連機器など光学製品の開発業務を総合的にサポートする。

 CODE V 11.0の主な新機能は、設計仕様表の作成と管理をする「SpecBuilderツール」と、設計中の光学機器を評価する「SpecEvaluatorツール」だ。

 SpecBuilderツールは、光学機器設計時に要求仕様や目標性能を表形式で一元管理でき、設計チーム内での課題や設計の方向性について共有し、要求仕様に関するレポート作成などに活用できる。また、CODE Vのマクロ言語(CODE V Macro-PLUS)で、設計者が仕様の項目をカスタマイズすることも可能だ。

 SpecEvaluatorツールは、SpecBuilderで作成した仕様表の各項目を一括評価できるため、設計中の機器について、すぐに要求仕様や目標性能との比較ができる。また、設計プロジェクトの進捗確認がワンクリックで済む。

 さらに、光線追跡アルゴリズムを強化。従来、一部の広角レンズでは、安定した光線追跡処理のために補助設定が必要だったが、標準設定のままで安定した光線追跡が可能になった。これにより、近年設計ニーズの高まっている超広角レンズや複雑な偏心光学系の設計がスムーズになる。

photo 「SpecBuilder」および「SpecEvaluator」による仕様の管理と評価

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.