ニュース
» 2017年06月01日 15時00分 UPDATE

医療技術ニュース:高血圧に関する1万人調査、血圧高めの人の半数が医療機関を受診せず

オムロン ヘルスケアが「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の結果を発表した。健康診断で「血圧が高め」と指摘された人の半数が医療機関を受診しておらず、30代男女の3人に1人は受診も生活改善もしていないことが分かった。

[MONOist]

 オムロン ヘルスケアは2017年5月11日、「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の結果を発表した。調査は30〜74歳の男女1万人を対象とし、同年3月21〜23日にインターネット上で実施した。

 まず、健康診断や人間ドックで「血圧が高め」と指摘された経験がある人は32.1%で、女性より男性の方が多かった。特に30代と40代では、男性は女性の約2.5倍だった。年代の上昇とともに、指摘を受けた経験者は増える傾向にあるが、男性は40代で3人に1人(30.8%)、30代でも5人に1人(22.4%)が「血圧が高め」と指摘された経験があると分かった。

 指摘された経験を持つ人のうち、約半数(46.5%)が医療機関を受診せず、生活改善について「何もしていない」人も15.3%いた。特に30代男女では、男性の30.6%、女性の34.1%が何もしていなかった。一方、改善のため行動している人は、「医師の診察を受けた」(53.5%)、「塩分を控えるなど、食事に気を付けている」(40.9%)、「自宅で定期的に血圧を計測している」(36.3%)などと回答。また、改善のために「医師の診察を受けた」人の72.8%が「高血圧症」と診断されていた。

 さらに、「高血圧リスクにつながる生活習慣」について、男性30〜50代、女性30代の約4割が、10個中3個以上当てはまると回答。高血圧リスクは高齢者だけではなく、働き盛りの年代にも生活習慣改善の必要性があることが分かった。

 次に、血圧に関して尋ねたところ、「安眠していても血圧が急激に上昇することがある」(11.9%)をはじめとして、「血圧値が変動する」ことに関する認識が低かった。「高血圧は痛みなどの自覚症状がほとんどない」ことを知っている人も39.6%にとどまった。特に30代、40代男性で血圧に関する知識不足が目立ち、「高血圧が、脳や血管、心臓関連の病気を引き起こすリスクがある」ことは、60代、70代では男女ともに約6〜7割の人が知っているが、男性30代では3人に1人(33.3%)、40代でも約4割(39.6%)しか知らなかった。

 血圧測定については、毎日1回以上血圧を測定している人は10.1%だった。「血圧が高め」と指摘された人でも、毎日「1回測っている」は11.9%、「朝晩測っている」は13.6%にとどまった。一方で、血圧が高めと指摘され、毎日、朝晩測定している人の30.5%は「血圧値が改善した」ことを実感していると回答した。

 脳/心血管疾患は、死に直結する、あるいは寝たきりとなり介護が必要になるなど、患者本人や家族の生活の質(QOL)を著しく低下させる。その主な原因として挙げられるのが高血圧だ。同社は今回の調査結果を受け、日々の血圧管理と高血圧予防の重要性を、30代、40代を含めたより幅広い世代に向けて発信し、「脳/心血管疾患の発症ゼロ」を目指していくとしている。

血圧が高いと指摘された経験があるという回答の比率 血圧が高いと指摘された経験があるという回答の比率(クリックして拡大) 出典:オムロン ヘルスケア
血圧改善のために何もしていないという人も 血圧改善のために何もしていないという人も(クリックして拡大) 出典:オムロン ヘルスケア
血圧測定にも大きなばらつき 血圧測定にも大きなばらつき(クリックして拡大) 出典:オムロン ヘルスケア

関連キーワード

血圧 | オムロン | 実態調査 | 健康診断 | 医療技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.