ニュース
» 2017年06月01日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:Java対応テスト自動化ツールに単体テストを効率化する新機能を搭載

テクマトリックスは、Java対応テスト自動化ツール「Jtest 10.3.1」の販売を開始した。JUnitの単体テストを効率化するアシスタント機能を新たに搭載したほか、セキュリティ脆弱性チェックの機能を強化した。

[MONOist]

 テクマトリックスは2017年5月17日、Java対応テスト自動化ツール「Jtest 10.3.1」の販売を開始した。JUnitの単体テストを効率化するアシスタント機能を新たに搭載したほか、セキュリティ脆弱性チェックの機能を強化した。

 Jtestは、米Parasoftが開発した、高品質なJavaシステム開発とテスト工数削減を支援するツール。1000個以上のコーディングルールを基にソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点やクラスを横断した特定の処理フローにおいて、検出困難なエラーを検出する。

 新バージョンでは、一般に普及するオープンソースの単体テストフレームワークJUnitをベースとした、単体テストを効率化する機能を搭載した。テスト対象のメソッドのテストクラスやテストメソッドのテンプレートをパラメータライズドテストとして作成し、モックオブジェクトの生成や単体テストのカバレッジ計測ができる。また、単体テストを実行した際の処理の流れをモックの呼び出しを含めて確認できるため、テスト実行時の動作把握に役立つ。

 静的解析機能には、フロー解析で利用するルールにセキュリティに関するルールを複数追加。フォーマット文字列からサニタイズされていないユーザーを除外するなど、脆弱性に直結するJavaコードの問題が検出できるようになった。PCI DSSのルールセットは、最新版のバージョン3.2に対応した。

 さらに、統合開発環境の新しいバージョンとして、Eclipse4.6やIntelliJ 2016.3、NetBeans 8.2に対応。統合開発環境上のJtest専用のビュワーから解析結果を参照でき、生産性を落とさずに修正作業が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.