ニュース
» 2017年06月05日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:アップルのHomeKitをサポートするWi-Fiソフトウェア開発キット

マイクロチップは、アップルの「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットを発表した。ARM Cortex-M4ベースのマイクロコントローラー「CEC1702」と、802.11b/g/n認証済みのWi-Fiモジュール「WINC1510」で構成される。

[MONOist]
「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットのイメージ 「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットのイメージ 出典:マイクロチップ

 マイクロチップ(Microchip Technology)は2017年5月19日、アップル(Apple)の「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットを発表した。ハードウェア暗号化エンジンを内蔵したARM Cortex-M4ベースのマイクロコントローラー「CEC1702」と、802.11b/g/n認証済みのWi-Fiモジュール「WINC1510」で構成される。

 同キットでは、ハードウェアベースのセキュリティエンジンにより、演算時間を高速化できる。ペアリングの場合、セットアップが0.95秒、ベリファイが0.1秒未満で完了するため、HomeKitコマンドの実行時間が大幅に短縮。これにより、システム応答時間が高速化し、例えば玄関ドアなども瞬時の解錠が可能になるという。また、動作時間の短縮によってシステムの消費電力が低減し、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いたシステムと同程度の消費電力で、ペアリングなどのクリティカルコマンドが実行できる。

 さらに、マイコン内蔵のハードウェア暗号化エンジンにより、高度なセキュリティ機能を備えた。例えば、セキュアブートでハードウェアベースのRoot of Trust(信用の起点)を確立し、セキュリティの侵害を抑えることができる。他に、使いやすい暗号化/認証/秘密鍵などのセキュリティ機能も装備した。

 同社では、CEC1702/グラフィックLCD/microBUS互換拡張ヘッダなどを実装した開発ボード「SecureIoT1702」も提供している。

開発ボード「SecureIoT1702」のブロックダイアグラム 開発ボード「SecureIoT1702」のブロックダイアグラム(クリックで拡大) 出典:マイクロチップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.