DMS2017
ニュース
» 2017年06月15日 14時00分 UPDATE

DMS2017開催直前! ブース出展情報:まだ3D CADを使ったことがない人に向けて、3Dの付加価値を伝えるデモを多数実施

ソリッドワークス・ジャパンは「第28回 設計・製造ソリューション展」(DMS2017)において、2D CADユーザー、あるいはこれまで全くCADに触れたことがない人を対象に、「SOLIDWORKS」による3D設計やデータ活用に関するデモを幅広く実施する。

[MONOist]

 2017年6月21〜23日の3日間、東京ビッグサイトで「第28回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2017)が開催される。

 ソリッドワークス・ジャパン(以下、ソリッドワークス)の今回の展示は、2D CADユーザー、あるいはこれまで全くCADに触れたことがない人、中でも特に機械装置や電子機器の設計に関わっている人を対象とするという。

 今回、「SOLIDWORKS」のデスクトップ製品関連のデモを3種類に拡大。2D CADユーザーが対象である「3次元設計」に加えて、3次元ユーザー特性に合わせた「3次元データ活用:機械装置編」と「3次元データ活用:電子機器編」を追加した。デモを披露する予定の製品は、「SOLIDWORKS Simulation」「SOLIDWORKS PDM」「SOLIDWORKS Composer」「SOLIDWORKS PCB」「SOLIDWORKS Plastics」「SOLIDWORKS Flow Simulation」。

デモ(機械装置編)キャッピングマシンでの応用例を紹介
デモ(電子機器編)ではロボットアーム(マイヨモ)での活用例を紹介

 なお、SOLIDWORKS製品群と併せて、ダッソー・システムズによる製造関連情報のための統合基盤「DELMIA」も紹介する。

 「これまでは利便性、簡易性、効率化をアピールしてきましたが、今回は特にSOLIDWORKSのフルスケール・ラインアップをご覧いただくことで、単なる設計の効率化だけでなく、後工程を含めた3Dの付加価値をご紹介します」(ソリッドワークス)

 従来の機械設計CAD以外にも、設計検証やデータ管理(PDM)、電気設計など、3D化によってユーザーの現場にもたらされる付加価値を伝えていきたいという。

 「これから『3D CADを始めよう』という方は、モデリングのしやすさを重視します。一方で、いったん3D CADを使い始めると、3D CADのモデリングデータをチームや部門、会社全体の資産として使えるという可能性に気付き、3Dデータ活用が重要なテーマになってきます。国内外での豊富な実績と活用ノウハウを持ち、幅広いポートフォリオ持つSOLIDWORKS製品であれば、こうしたニーズに対応し皆さまの現場力を高めることに貢献できるという点をお伝えしたいと思います」(同社)。

 同社公式コミュニティーサイト「My SolidWorks」でも、SOLIDWORKS製品のオンライントライアルを公開しており、気軽にSOLIDWORKS製品が試せるようになっている。

 2017年秋には最新版「SOLIDWORKS 2018」のリリースを予定している。同年11月には、毎年恒例のユーザーイベントである「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017」を東京および大阪で開催する。

第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)

会期 2017年6月21〜23日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

[ブース情報]ソリッドワークス・ジャパン

東ホール ブース番号:東2 30-50、5コマ



第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.