ニュース
» 2017年06月20日 07時00分 UPDATE

FAニュース:耐環境性に優れたIP64規格準拠のレーザーマーカーを発売

パナソニック デバイスSUNXは、高品質なファイバーレーザー発振器を搭載したレーザーマーカー「LP-RF200P」を発売した。IP64規格に準拠したヘッド構造を採用し、へッド内への水滴やほこりの侵入を防いで耐環境性を高めた。

[MONOist]

 パナソニック デバイスSUNXは2017年6月1日、高品質なファイバーレーザー発振器を搭載したレーザーマーカー「LP-RF200P」を発売した。IP64規格に準拠したヘッド構造を採用し、へッド内への水滴・粉塵(ふんじん)の侵入を防いで耐環境性を高めた。

 LP-RF200Pは、ヘッドに採用した脱着機構により、コントローラーとヘッドを分けて設置できる。また、コントローラーに電源トランスやノイズ対策部品を搭載し、レーザーマーカーコントローラーの耐ノイズ性を強化。電源が不安定な状況でも、突発的な電気的ノイズによるトラブルを防ぐことができる。

 さらに、レーザー条件設定のノウハウをコントローラー機能に集約した「スマート条件設定機能」を搭載。希望の印字状態を16種類の材質やイメージから選択可能で、初期または品種追加時の条件出しなどの工数を低減できる。同社の画像処理機「PV230」シリーズとの連携機能も備え、PLCがなくてもワークの位置読み取り/レーザー印字/印字情報の照合までの一連の流れを行える。

 波長は1064nmで、発振器の平均出力は20W、印字範囲は90×90mm。スキャンスピードは最大1万2000mm/sで、対応ラインスピードは最大240m/minとなる。ベアリングやギア部品、樹脂成形品、電池パック、工具などへの印字に対応するとしている。

photo レーザーマーカー「LP-RF200P」

関連キーワード

FA | FAニュース | 画像処理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.