ニュース
» 2017年06月20日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:世界トップクラスのがん専門病院と日立が共同研究、頭頸部がんの放射線治療で

日立ヘルスケアアメリカズと米MDアンダーソンがんセンターは、頭頸部がんの放射線治療の臨床試験に関わる共同研究に合意した。頭頸部がんの患者に対して、X線と陽子線の2種類の放射線を用いた治療を実施し、治療効果や副作用を比較する。

[MONOist]

 日立製作所は2017年6月7日、完全子会社の日立ヘルスケアアメリカズと米MDアンダーソンがんセンター(MDアンダーソン)が、頭頸部がんの放射線治療の臨床試験に関わる共同研究に合意したことを発表した。頭頸部がんの患者に対して、X線と陽子線の2種類の放射線を用いた治療を実施し、治療効果や副作用を比較する。

 今回の共同研究は、MDアンダーソンの放射線治療学教授で陽子線治療センターの医療管理者であるSteven J. Frank博士が主導する。MDアンダーソンをはじめ、10の医療機関での実施を予定している。放射線を用いたがん治療では、複数の治療法の比較検証はまれで、先駆的な取り組みになるという。

 日立とMDアンダーソンは、これまで15年にわたってパートナーシップを結び、陽子線がん治療システムの開発や陽子線治療などに取り組んできた。今後、今回の共同研究の成果を活用し、陽子線治療に加えて、超音波診断装置やMRIシステムなどの画像診断装置、ITを活用したサービスなど、ヘルスケア分野の研究開発を進めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.