DMS2017
ニュース
» 2017年06月23日 06時00分 UPDATE

DMS2017:「Surfaceファミリー」が勢ぞろい、思わず裏側を見ちまうぜ……

日本マイクロソフトは、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」において、モバイルPC「Surface Pro」をはじめとする「Surfaceファミリー」を出展。設計や製造に携わる技術者の「働き方改革」にどのように役立つかを訴えた。

[朴尚洙,MONOist]

 日本マイクロソフトは、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(2017年6月21〜23日、東京ビッグサイト)において、モバイルPC「Surface Pro」をはじめとする「Surfaceファミリー」を出展。設計や製造に携わる技術者の「働き方改革」にどのように役立つかを訴えた。

 展示したのは、コンシューマー向けのラップトップPC「Surface Laptop」を除く、Surfaceファミリーの全ラインアップ。2017年6月15日に発売したばかりの新型Surface Proと28インチの大画面タッチパネルを持つオールインワンPC「Surface Studio」、2016年8月発売のコラボレーションデバイス「Surface Hub」、2017年4月に発売した究極のラップトップPCに位置付ける「Surface Book with Performance Base」だ。

「Surface Studio」「Surface Studio」 28インチの大画面タッチパネルを持つ「Surface Studio」(左)。4500×3000画素の4.5Kと高精細でもあるこのタッチパネルは薄型で、立てたり寝かせたり自由に動かせることもあってか、思わず裏側を確認する人が続出(右)(クリックで拡大)
新型「Surface Pro」「Surface Book with Performance Base」 新型「Surface Pro」(左)と「Surface Book with Performance Base」(右)(クリックで拡大)

 全てのデバイスで、シーメンスのミッドレンジ3D CADツール「Solid Edge」と、3D CADビュワー「JT2GO」が使えるようになっており、Surfaceファミリーの設計業務への活用法を体験できるようになっていた。

 Surface Hubについては、ステージに設置した84インチモデルと、展示ブースにある2台の55インチモデル、そして日本マイクロソフトの品川オフィスのSurface Hubをつなげて、複数拠点をつなげての社内会議をイメージしたデモンストレーションを披露した。

「Surface Hub」の55インチモデルを2台並べてデモンストレーションを披露した 「Surface Hub」の55インチモデルを2台並べてデモンストレーションを披露した(クリックで拡大)

 「これまでは、Surface ProとSurface Bookという2つのラインアップにより『設計業務に移動の自由を』というメッセージで働き方改革を提案してきた。今回、コラボレーションを促進するSurface Hubと、設計現場に新たな可能性をもたらすSurface Studioが加わったことで、Surfaceファミリーとしてさらなる広がりが生まれたと感じている」(日本マイクロソフトの説明員)という。

第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.