ニュース
» 2017年06月30日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:大規模組み立て製造業向けのクラウドERP、マルチサイトに対応

インフォアジャパンは、同社の大規模組み立て製造業向けSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Machinery」の日本国内での提供を開始した。グローバル企業に必要なマルチサイト機能や生産、品質管理の機能を備えている。

[MONOist]

 インフォアジャパンは2017年6月15日、同社の大規模組み立て製造業向けSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Machinery」の日本国内での提供を開始した。価格は月額150万円(税別)からとなっている。

 同製品は、個別の生産管理やコスト管理が必要な産業用機械、大型設備などに適した機能をクラウドで提供する。グローバル企業に必要なマルチサイト機能や財務、管理会計、サプライチェーン、生産、プロジェクト、品質などの管理機能を備えている。

 オプションで、サプライヤーとの連携機能やコンフィギュレーション管理などを使用できる。これによって、サプライヤーや代理店を始めとするグローバル全体の多様な経営情報を可視化し、コンプライアンスを強化する。

 また、業界に特化したアナリティクス機能や特定目的向けミドルウェア「Infor ION」、ソーシャルコラボレーションエンジン「Infor Ming.le」を組み合わせて使うことで、さまざまな場所でリアルタイムのデータ活用ができ、社内外とのコミュニケーションの円滑化も図れる。

 同ERPは、アマゾンウェブサービス(AWS)から、初期投資が少ないサブスクリプションモデルで提供する。ハードウェア調達の必要もなく、短期間での導入が可能だ。

 同社では今後、日本を拠点としてグローバルビジネスを展開する企業での新規導入と、同社のオンプレミス型ERP「Infor LN」からクラウドへの移行を進めていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.