ニュース
» 2017年06月30日 06時00分 UPDATE

モータースポーツ:オートクルーズと無段変速機構を搭載するソーラーカーは「一線を画すデザイン」 (1/2)

工学院大学が、新開発のソーラーカー「WING(ウイング)」を披露。同大学チームの応援大使に就任した女優の足立梨花さんが「見た目が丸っこくてかわいらしい。でも何だか速そう」と話すウイングは、外観だけでなくモーターにも工夫が凝らされている。

[朴尚洙,MONOist]

 工学院大学は2017年6月29日、東京都内で会見を開き、新開発のソーラーカー「WING(ウイング)」を披露した。オーストラリア大陸の約3021kmのコースを縦断する「2017 Bridgestone World Solar Challenge(以下、WSC2017)」に参戦するための車両で、「右に倣うことのない、保守的とは真逆の攻めたデザイン」(同大学 工学部機械システム工学科 准教授の濱根洋人氏)を採用している。

工学院大学の新開発のソーラーカー「WING(ウイング)」 工学院大学の新開発のソーラーカー「WING(ウイング)」。前に並んでいるのは、左から、応援大使の足立梨花さん、初の女性ドライバーの石川はるかさん、チーム監督の濱根洋人氏、工学院大学学長の佐藤光史氏、学生キャプテンの中川拓朗さん、サポート企業代表の帝人 帝人グループ執行役員 マテリアル事業統括補佐 兼 繊維・製品事業グループ長付(技術生産構造改革担当)の内川哲茂氏(クリックで拡大)
丸みを帯びた単胴式の車体羽をモチーフにした3D曲面の太陽電池パネル大型で透明のウインドスクリーン 「ウイング」の外観。丸みを帯びた単胴型の車体に、羽をモチーフにした3D曲面の太陽電池パネルを搭載。大型で透明のウインドスクリーンも特徴になる(クリックで拡大)

 工学院大学チームの応援大使に就任した女優の足立梨花さんも「見た目が丸っこくてかわいらしい。でも何だか速そう」という感想を持ったウイングは、“自然との共存”をコンセプトにデザインされた。丸みを帯びたコックピットに、車両名称の元になった羽(ウイング)のような3D曲面の太陽電池パネルが搭載されている。「他のチームは、ソーラーカーで一般的なカタマラン(双胴)型のデザインを採用することになるだろう。それとは一線を画すデザインだ」(濱根氏)。

「ウイング」のデザインコンセプト「WSC2015」で上位に入ったライバルチームの車両 「ウイング」のデザインコンセプト(左)。「WSC2015」で上位に入ったライバルチームは、前回と同様にカタマラン型のデザインの採用が見込まれる(右)(クリックで拡大) 出典:工学院大学

 WSC2015では、「実用的で安全なソーラーカー製作」というビジョンに合致する、2人乗り以上が対象となる「クルーザークラス」に参戦した工学院大学チーム。新開発のウイングで臨むWSC2017では、WSCの冠クラスである「チャレンジャークラス」に復帰する。

 学生キャプテンの中川拓朗さんは「前回のクルーザークラスで最速タイムを記録した(ペナルティによる減点のため準優勝に終わった)こともあり、速い車両を作りたいと思った。速さを求めるなら、速さだけを競う冠クラスのチャレンジャークラスで勝ちたい。チーム全員の意思が一致した上で復帰を決めた」と説明する。また、WSC2017の規則変更によって、クルーザークラスでは走行タイムがほぼ考慮されなくなった影響も大きい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.