DMS2017
ニュース
» 2017年07月01日 07時00分 UPDATE

DMS2017:Fusion 360で作ったデータをクラウドでVRデータ化、皆で共有

オートデスクは「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(2017年6月21〜23日、東京ビッグサイト)において、「AR CAD Cloud」を展示し、体験スペースも設けた。

[小林由美,MONOist]

 オートデスクは「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(2017年6月21〜23日、東京ビッグサイト)において、同社の3D設計システムである「Autodesk Fusion 360(Fusion 360)」と「Autodesk Inventor」を展示して紹介した。

「AR CAD Cloud」の展示

 これまで同社製品群ではAR(拡張現実)/VR(仮想現実)対応に力を入れてきた。今回も、その取り組みの中の1つである、Fusion 360を利用したARシステム「AR CAD Cloud」を展示。パートナーのソフトバンク コマース&サービスと共に紹介した。

HMDを装着する

 AR CAD Cloudは、その名の通りクラウドサービスを経由するシステムで、Fusion 360で作成した3DデータをMicrosoft Azureによるクラウドシステムへアップロードし、「Unity CAD Importer」によってデータを自動で最適化処理した上、AR/VRのHMD「Microsoft HoloLens」と連動するアプリ内にダウンロードさせる。従来は高級な仕組みの上で成り立っていた3DデータのAR/VRだが、こちらは廉価な仕組みで構成していることも特長だ。

 HMD越しに現実の風景が見えているAR空間に、Fusion360で作成した3Dデータを表示させることが可能だ。3Dデータは位置が固定されるため、さまざまな角度から眺められる。また、表示させた3Dモデルを複数人数でシェアしながらレビューすることもできる。システムがクラウドベースであるため、遠隔地にいる人ともデータ共有しながら議論できる。

HMD越しに空間を眺める。はたから見ていると、何を見ているのかよく分からない。

 HMDを掛けると展示コーナーの中に3Dデータが出現する。頭を動かせば、見える方向に変化がある。3Dモデルに頭を突っ込むと、断面を切るような形で内部部品が見える。

HMD越しに見えている3D画像

 2Dの画面で3Dデータを眺めていても視覚に限界がある。立体視ができることで2Dの画面よりも細部が眺めやすくなるとともに、複数人数で共有できることでデザインレビューの効率化も図れるとしている。

 同社では2017年7月26日にIoTと最適化をテーマとした『「最適化設計から IoT までこれからの設計に必要なことを学ぶ」セミナー』も都内で開催する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.