ニュース
» 2017年07月12日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:10m歩くだけで「動き」「バランス」「速さ」「リズム」を評価、身体機能の改善に

住友電気工業は、人の歩行を計測・評価するシステム「Q'z TAG walk」を発売した。加速度センサーと独自のアルゴリズムによって歩行状態を評価し、改善ポイントと運動プログラムをアドバイスする。

[MONOist]

 住友電気工業は2017年6月30日、人の歩行を計測・評価するシステム「Q'z TAG walk(キューズタグウォーク)」を発売した。加速度センサーと独自のアルゴリズムによって歩行状態を評価し、改善ポイントと推奨の運動プログラムをアドバイスする。併せて、大学などでの研究用途向けに機能を特化した「Q'z TAG research(キューズタグリサーチ)」も販売を開始した。

 Q'z TAG walkは、腰に軽量なセンサーをつけて10m歩くだけで、「動き」「バランス」「速さ」「リズム」をレーダーチャートで見える化して歩行状態を評価する。見える化には、特許出願済みの独自技術を使用。高精度センサーにより加速度データを取得し、歩行を6つの要素に分解して短時間で解析する。

 製品は15gと軽量で、Bluetooth接続するため簡便に計測できる。また、運動プログラム推奨機能や、過去の測定結果との比較による効果把握、コミュニケーションツールとしてのカルテ機能を搭載する。

 同システムは、京都府立医科大学の知見や各現場の意見などを取り入れ、ベネッセスタイルケアの協力の下、同社施設での約半年間の実証を経て製品化された。実証では、リハビリ、運動に対するモチベーションの向上、適切な運動を重ねたことによる身体機能の改善、コミュニケーションの増加が確認されている。同社では、介護施設や転倒予防教室などで実施されている運動器の機能向上プログラムのサポート、企業やフィットネスクラブの健康増進活動のリード役などでの活用を見込んでいる。

photo センサー外観 出典:住友電気工業
photo 腰に装着した様子 出典:住友電気工業
photo ソフトウェアイメージ 出典:住友電気工業

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.