ニュース
» 2017年07月14日 13時00分 UPDATE

VRニュース:日本の先進的な医療施設を3D化する国際展開事業に参画

メガソフトは、Medical Excellence JAPAN(MEJ)が進める日本の医療施設の国際展開事業に参画する。MEJが国内外に展開する医療施設モデルの3Dデータ化と特設サイトの開設/運営を通じて、日本医療の国際展開活動に寄与する。

[MONOist]

 メガソフトは2017年6月26日、4月より加入しているMedical Excellence JAPAN(MEJ)が進める日本の医療施設の国際展開事業に参画すると発表した。MEJが国内外に展開する医療施設モデルの3Dデータ化と特設サイトの開設/運営を通じて、日本医療の国際展開活動に寄与する。

 MEJは、2011年より日本医療のインバウンド/アウトバウンド事業を進めてきた。その中で、医療関連メーカーや海外の医療機関などに日本の医療施設を紹介するためのツールとして、先進的な手術室や処置室を3D CGで表現する「3D医療施設モデル」の作成に取り組んでいる。

 3D医療施設モデルは実機を設置したショールームとは異なり、プレゼンテーションの場所を選ばず、顧客のニーズに合わせてレイアウト修正や機器の入れ替えなどが可能だ。また、メールやクラウドサービスを経由して離れた場所にいる担当者とコミュニケーションできる。さらに、3D CGデータはVRや3Dプリンタへの展開も行える。

 MEJは複数の試験的導入を経て、メガソフトの医療施設レイアウトシミュレーションソフト「3D医療施設プランナーPlus」を3D医療施設モデルの運用ツールとして採用。メガソフトは、これをきっかけにMEJに加入した。

 MEJはメガソフトの製品/サービスとして、3D医療施設プランナーPlusの他に、作成した3Dデータをスマートフォンなどで閲覧する「3Dプレイス」、VR型建築物体験システム「メガソフトVRソリューション」、3D空間の模型を作成する「3Dプリンタ出力サービス」を導入した。

 今後、メガソフトはMEJ会員企業などと協力し、3D医療施設プランナーPlusに実装する3D素材の追加作成や3D医療施設モデルを作成する。また、日本の医療施設にスポットを当て、日本の医療を支えるヒト/モノ/コトのレポート記事を通して、MEJの活動周知を目的とするサイトを立ち上げ運営していく予定だ。

photo MEJにおける日本医療の国際展開事業のイメージ
photo MEJと共同で作成している3D医療施設モデルのサンプル。内視鏡手術室(左)とロボット手術室(右)
photo

関連キーワード

医療 | 3D | VR


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.