ニュース
» 2017年07月18日 13時00分 UPDATE

VRニュース:スマートフォンでAR用の3Dデータが作れる「Makebox AR」を提供開始

ViRDはスマートフォン上で3DモデリングできるARモデリングアプリ「Makebox AR」をGoogle Play Storeでリリースした。AR技術「Tango」を利用できるAndroid端末に対応しており、積み木感覚で直感的に3Dモデリングできる。

[MONOist]

 ViRDは2017年6月28日、スマートフォン上で3DモデリングできるARモデリングアプリ「Makebox AR」をGoogle Play Storeでリリースしたと発表した。AR技術「Tango」を利用できるAndroid端末に対応し、価格は無料だ。同日発売のスマートフォン「ZenFone AR」にも対応している。

 Makebox ARは、積み木感覚で直感的に3Dモデリングができる。制作した3Dモデルは、アプリからMakeboxのWebサイトにアップロード可能だ。

 作ったモデルをWebで共有し、objファイルとしてダウンロード可能で、他の3DモデリングツールやUnity/UE4などのゲームエンジンでも利用できる。モデリングが容易で、書き出したモデルを3Dプリンタで印刷できるため、プロトタイプの作成に適している。

photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.