ニュース
» 2017年07月20日 12時00分 UPDATE

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:3Dプリンタ、出荷台数減ってるってよ

あの時に予感がして、今、「やっぱりね」って思っている人もいるはず。

[小林由美,MONOist]

 この記事は、2017年7月20日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


3Dプリンタ、出荷台数減ってるってよ

 かつて、MONOistでは積層造形機について、だいたい、国内製のものを「光造形機」、海外製のものを「3次元プリンタ」という表記で、製造業における「ラピッドプロトタイピング(RP)」の一手段として紹介していました。2013年以降のブームから、光造形機も含めて「3Dプリンタ」という表記でまるっと紹介する頻度が多くなってきました。

 一時期、世の中では「将来は1家に1台!」くらいに叫ばれ、ドラマの会話やニュースの話題として、また家族や別業界の友人の口からも聞こえてきた「3Dプリンタ」という言葉だったのですが、皆さんもきっと感じていらっしゃるように、製造業の外側ではあまり聞こえてこなくなりました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.