ニュース
» 2017年07月24日 07時00分 UPDATE

FAニュース:産業機器を遠隔監視するリモート環境構築サービスを提供

リコーは、IoT技術やビッグデータ活用、保守サービスのノウハウを提供する「RICOH Open Remote Services」を開始する。その第1弾として、2017年9月15日に、産業機器を遠隔監視するリモート環境構築サービスの提供を開始する。

[MONOist]

 リコーは2017年7月6日、IoT(モノのインターネット)技術やビッグデータ活用、保守サービスのノウハウを提供し、機器製造業のビジネスを支援する「RICOH Open Remote Services」を開始すると発表した。

 その第1弾として、同年9月15日に、検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔監視するリモート環境構築サービスの提供を開始する。機器の稼働状態監視、利用量を確認するリモート検針、ファームウェア更新、稼働状況レポートなどを導入先の通信環境やビジネス環境に合わせて構築する。

 RICOH Open Remote Servicesでは、リコーが世界中のオフィス機器を遠隔監視/サポートしてきたノウハウを生かし、機器の稼働状況を監視することで、コールセンターやオンサイトによる機器の保守対応を支援する。同サービスを設置した機器の稼働状況をリモートで確認できるため、機器の利用量に応じて費用を請求する従量課金制のビジネスが展開可能だ。

 リコーは20年以上、オフィスの複合機やレーザープリンタなどのリモート管理サービスを展開している。近年は、世界中の機器稼働状況をビッグデータとして解析し、異常が発生する予兆を捉えて不具合の発生を予防する取り組みを実施。また、機器の稼働状況や保守履歴に応じて、最適な買い替え時期を顧客ごとに算出するなど、販売面でのデータ活用も活発だ。

 同社は今後、産業機器を製造する顧客に向け、資産管理やリース、保守サービス、物流などの提供を検討するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.