ニュース
» 2017年08月02日 13時00分 UPDATE

VRニュース:VR体験ソフト「SYMMETRY alpha」の最新版、太陽光や影のシミュレーション、音声認識などに対応

DVERSEは、建築、土木、デザイン、教育分野向けのVR体験ソフトウェア「SYMMETRY alpha」のバージョン1.2をリリースした。追加機能により、日付/時刻の変更や、Twitter連携設定などが可能になった。

[MONOist]

 DVERSEは2017年7月20日、建築/土木/デザイン/教育分野向けのVR体験ソフトウェア「SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)」のバージョン1.2を発表した。

 SYMMETRY alphaは、VR空間の中でイメージやデザイン、アイデアを正確に確認・共有し、円滑なコミュニケーションを可能とするソフトウェア。建築やデザイン、教育分野などで活用されている米Trimbleの3Dモデリングソフト「SketchUp」に対応しており、VR空間内で直観的な操作が可能だ。

 バージョン1.2では、新たにSketchUpの「Scenes」「Shadows」をサポートし、「Daylight simulation機能」と「User Preferences機能」を追加した。Daylight simulation機能では、日付や時刻の変更や、太陽光と影のシミュレーションに対応可能となった。また、User Preferences機能では、音声認識の言語選択、Twitter連携設定などに対応している。

photo
photo
photo

関連キーワード

VR | Google SketchUp | 3Dモデリングソフト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.