連載
» 2017年08月10日 13時00分 UPDATE

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(5):PLA、PEI、ABS、そしてABSライク? 3Dプリンタ材料いろいろ (3/6)

[藤崎 淳子/Materiai工房テクノフレキス,MONOist]

FDM方式の材料

 次にFDM方式で用いられる代表的なフィラメント材料の特徴について説明していきます。

ABS

 普通に知られるABS樹脂とほぼ同じ特徴を持ちます。強度が高く粘りもあることから、構造部品など力が加わるモノに適しています。熱収縮率が高いため造形中の変形リスクに配慮する必要があります。造形品の表面は軟らかく、造形後にヤスリやペーパーをかけて表面を磨くことが容易にできて塗装もできるので、意匠を含む外観部品にも最適な材料です。

PLA

 PLAは植物由来の乳酸を重合した汎用プラスチックです。植物由来ですから土に還る地球にやさしい性質を持っていて、造形中はちょっと香ばしい匂いがします。ABSよりも低い温度で造形でき、熱収縮率が小さいため反り返りなどの造形不良が起こりにくいという利点がある反面、機械的強度はやや劣ります。これらの特徴から、さほど強度を求めない大型の造形にも向いています。

PEI(ULTEM樹脂)

 「ULTEM樹脂」とは、スーパーエンプラの1つであるポリエーテルイミド(PEI)樹脂の商標(製品名)です。耐熱性、強度、剛性、難燃性いずれにも優れていて耐薬品性をも備えています。造形時の温度が非常に高いので使用できる3Dプリンタは限られますが、この優れた特徴から、造形品が航空機などの実用部品として採用されるほど、信頼性の高い機械部品を作ることが出来ます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.