ニュース
» 2017年08月14日 06時00分 UPDATE

インドネシア国際オートショー 2017:ダイハツが小型車のコンセプトを世界初公開、AセグセダンとスタイリッシュなMPV

ダイハツ工業は、「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017」において、アジア市場向けコンパクトカーのコンセプトモデルを世界初出展した。

[齊藤由希,MONOist]

 ダイハツ工業は2017年8月10日、「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017」(プレスデー:2017年8月10日、一般公開日8月11〜20日)において、アジア市場向けコンパクトカーのコンセプトモデルを世界初出展した。

世界初披露したハッチバックセダン「DN F-SEDAN」(左)MPV「DN MULTISIX」(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 初披露となったのは、FFの(前輪駆動)のMPV(多目的車両)「DN MULTISIX」と、Aセグメントのハッチバックセダン「DN F-SEDAN」。DN MULTISIXは既存のMPVラインアップである「セニア」「シグラ」に続くモデルで、多人数乗車が主流のインドネシアに向けたモデルだ。ウォークスルーが可能な広い室内空間とスタイリッシュな外観を両立させた。

 DN F-SEDANはダイハツ工業のインドネシア向けラインアップにない新しいモデルだ。アジア市場の嗜好に合わせたスポーティかつスタイリッシュなテイストをコンパクトセダンで実現した。コンセプトカーの披露により市場の新しい可能性を探る。

 この他にも、ダイハツ工業の110周年を記念した現地モデルの特別仕様車など15台を出展した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.