ニュース
» 2017年08月16日 11時00分 UPDATE

VRニュース:世界のAR/VR市場は2021年に23兆円へ、2017年比で18倍以上に

IDC JapanがAR/VRの世界市場予測を発表。市場規模は2017年の114億ドルから2021年には2150億ドルに成長する見込みだ。

[小林由美,MONOist]

 IDC Japan(以下、IDC)は2017年8月15日、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)のハードウェア、ソフトウェアおよび関連サービスの世界市場予測を発表した。IDCは、2017年の世界市場規模が114億ドル(約1兆2000億円)になると予測した上で、2021年には2017年比で18.8倍となる2150億ドル(約23兆8000億円)近くに達するとしている。2016〜2021年にかけての年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は113.2%と見ている。

 2017年中、AR/VR支出が最も多いと予測しているのは米国(32億ドル)、次に日本を除いたアジア・太平洋地域(APeJ)で30億ドル、西欧の20億ドルと続いた。2018〜2019年にかけてはAPeJの支出が加速し1位になると予測。その後は、西欧がAPeJを追い抜くだろうという。2016〜2021年にかけてはカナダの支出が最も急成長すると見ており、CAGRで145.2%と予想する。

 2017年は、どの地域においてもコンシューマー向けの市場が最大の支出分野だという。コンシューマー市場においては、2021年までAR/VRゲームが支配的で、2021年のゲームの合計支出は95億ドルに達すると見ている。

 今後の用途別の市場動向については、地域や年により違いが見られる。2017年で2番目に大きい市場としては、米国および西欧においては組立製造とプロセス製造、APeJでは小売と教育だとしている。2021年になると、APeJでは引き続きコンシューマー市場が最大の支出分野である一方、米国はコンシューマー市場が組立製造とプロセス製造など他分野の市場に追い抜かれる予測だ。西欧においては、2021年までコンシューマー分野が市場をけん引しつつも、組立製造、小売、プロセス製造が強い成長を示すだろうとしている。

 2018〜2019年にかけてユーザー事例についても進展が見られるという。2016〜2021年の間のユーザー事例において、非常に高い成長を見せる分野として、実験関連(CAGR 166.2%)、治療とリハビリ(同152.0%)、公共インフラ整備(同138.4%)を挙げた。

高成長が見込まれるAR/VRのユースケース(世界市場、年間平均成長率順で上位抜粋)、出典はIDC Japan

 日本国内については今回、支出額についての発表がないが、「成長は堅調」とコメントしつつ、成長率については2016〜2021年において年間平均で67.1%であると発表した。またヘッドマウントディスプレイなどVR機器の市場において立ち上がりに遅れがあると指摘している。

関連キーワード

VR | IDC | バーチャルリアリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.