ニュース
» 2017年08月17日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:従来比30%軽量化した輸液ポンプを発売、外部通信にも対応

テルモは、従来機種から30%軽量化した「テルフュージョン輸液ポンプ28型」を2017年8月21日に発売する。従来機種から操作方法を変えることなく、近距離無線による外部通信機能などを追加している。

[MONOist]

 テルモは2017年8月1日、従来機種から30%軽量化した「テルフュージョン輸液ポンプ28型」を発表した。従来機種から操作方法を変えることなく、機能を強化した。価格は49万円(税別)で、同月21日より販売を開始する。同社では、2017年度に輸液ポンプ全体で約28億円の売り上げを目指すとしている。

 輸液ポンプ28型は、従来の操作方法はそのままに、動作状況が分かりやすい画面へ変更している。また、近距離無線による外部通信機能を追加した。

 重さは、従来機種の約2.2?から約1.5kgに軽量化。内蔵バッテリーの連続使用時間は5時間以上と、駆動時間も従来比2.5倍に向上した。

photo 点滴スタンドに取り付けた「テルフュージョン輸液ポンプ28型」 出典:テルモ
photo 近距離無線によるデータ通信 出典:テルモ

関連キーワード

通信 | 点滴 | 医療機器ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.