ニュース
» 2017年08月22日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:新工場増設で太陽光発電用パワーコンディショナー生産能力を3倍に

東芝三菱電機産業システムは、アメリカテキサス州ケーティ市にパワーエレクトロニクス工場を建設し、2017年8月から生産を開始する。太陽光発電用パワーコンディショナーの生産能力が約3倍となる。

[MONOist]

 東芝三菱電機産業システムは2017年7月26日、アメリカのテキサス州ケーティ市にパワーエレクトロニクス工場を建設し、同年8月から生産を開始すると発表した。敷地面積は1万3100m2、建屋面積は4180m2となる。

 新工場では、設立に先駆けて開発した高効率かつ単機大容量3.2MWの太陽光発電用パワーコンディショナー(PCS)を製造する。同社は、隣接するヒューストン市で2014年よりヒューストン工場を稼働。新工場の設置により、PCSの生産能力は3倍となり、拡大する北米再生エネルギー市場に対応した増産体制を確立する。

 同社は、アメリカの工場2カ所の設立に約25億円を投資し、2016年度に約20億円の売り上げを達成。さらに2017年度に50億円、2020年度には100億円規模の売り上げを計画している。

 今後は、新工場とヒューストン工場を拠点に、PCSやモーター駆動用インバータ装置など、高品質で競争力のあるパワーエレクトロニクス技術応用製品を北米市場に供給していくとしている。

photo パワーエレクトロニクス新工場

関連キーワード

工場 | 太陽光発電 | FA | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.