ニュース
» 2017年08月24日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:“過度の期待”を維持するIoT、滑り落ちた他技術

“過度の期待”をぜひ形にする世界に。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2017年8月24日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


“過度の期待”を維持するIoT、滑り落ちた他技術

 AR(拡張現実)が「幻滅期」のどん底で、「機械学習」や「ディープラーニング」「スマートホーム」などは「過度の期待のピーク期」――。これは米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)が調査し発表している「ハイプサイクル」の「先進技術」における最新の調査結果です(2017年版は以下の記事でご覧ください※))。

※)関連記事:深層学習や機械学習は“過度の期待のピーク期”、ARは“幻滅期”のどん底に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.