ニュース
» 2017年08月25日 11時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:世界のロボティクス市場は2021年に26兆円まで拡大

IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービスの市場予測「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」を発表した。世界のロボティクス関連支出額は、2021年には2307億ドルにまで拡大すると予測している。

[MONOist]

 IDC Japanは2017年8月2日、世界のロボティクスおよび関連サービスの市場予測「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」を発表した。

 ドローンおよびロボット関連ハードウェア/ソフトウェア、さらにサービスを含めた世界のロボティクス関連支出額は、2017年には972億ドル(約11兆円)となり、2016年から17.9%伸びる見通しだという。また、今後5年間で支出額は加速度的に増加し、2021年には2307億ドル(約26兆円)にまで拡大すると予測している。この場合、2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR)は22.8%となる。

 産業別には、組み立て製造とプロセス製造が2017年も引き続きロボット製品/サービスの最も大きな市場で、それぞれ305億ドル(約3兆4000億円)、241億ドル(約2兆7000億円)となり、両者合わせてロボティクス関連支出総額の半分以上を占める。3番目に大きい市場は、鉱業、石油/ガス採掘、農業を含む資源産業で、支出額は90億ドル(約1兆円)になる。

 2016〜2021年に成長率が高いと予測する産業分野は、教育(CAGR71.9%)、小売(同51.3%)、建設(同38.3%)、卸売(同37.2%)、保険(同36.3%)としている。

 ユースケース別では、組み立て製造での主要なユースケースである組み立て/溶接/塗装が、予測期間を通して世界のロボティクス関連支出総額の4分の1近くになると予測。今後、最も伸びが期待できるユースケースとして、積荷降ろし(CAGR71.6%)、教育補助(同68.3%)、顧客への配送(同60.6%)を挙げている。

photo 世界ロボティクス関連市場における上位5つのユースケース別の年平均成長率(2016〜2021年) 出典:IDC Japan

 テクノロジー別に見ると、ロボットシステム、アフターマーケットのロボットハードウェア、及びシステムハードウェアが、予測期間を通してロボティクス関連支出総額の半分以上を占めるとみている。

 地域別では、2017年は515億ドル(約5兆7000億円)で日本を除くアジア太平洋地域が全体の支出額の半分以上を占めることが見込まれる。2番目に大きな市場は日本で、アメリカ、西ヨーロッパの順に続くが、2021年までにはアメリカが2位になると予測している。今後5年間で急成長が見込まれる地域は、中南米(CAGR26.5%)、アジア太平洋地域(同25.2%)、アメリカ(同24.1%)としている。

関連キーワード

ロボット開発 | IDC | 成長率


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.