ニュース
» 2017年08月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:インダストリアルIoTで協業、アドバンテックと日本ラッド

アドバンテックと日本ラッドは、インダストリアルIoT分野でのソリューション販売において、協業すると発表した。協業により、インダストリー4.0に対応するスマートファクトリーに焦点を当てたソリューションを提供していく。

[MONOist]

 アドバンテックと日本ラッドは2017年8月17日、インダストリアルIoT(モノのインターネット)分野でのソリューション販売において、協業すると発表した。

 この協業は、アドバンテックのIoTパートナープログラム「WISE PaaS/IIoTアライアンス」の、日本初の提携となる。同協業によって、両社はインダストリー4.0に対応するスマートファクトリーに焦点を当てたソリューションを提供していく。

 アドバンテックが提供するのは、SCADAソフトウェア「WebAccess」や産業用PC「TPC/UNOシリーズ」、インテリジェント制御PC「APAX」、ネットワーク機器「EKI」シリーズ、IoTデバイス「WISE、ADAM」シリーズ。日本ラッドはIoTクラウドプラットフォーム「Konekti」シリーズをアドバンテックのソリューションと連結し、無線技術やAI(人工知能)開発、クラウドインテグレーションのノウハウを活用した「ラッド流工場IoT化ソリューション」を提供する。

 SCADAソフトウェアWebAccessと日本ラッドのAIツールの融合によって、工場の機械保守や予知分析能力が向上し、さまざまなBI(Business Intelligence)を使うことで現場の状況を直感的に把握できるようになる。

photo 協業概念図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.