ニュース
» 2017年09月04日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:高速光通信機能を搭載したFPGAアクセラレータボード発売

アバールデータは、FPGAによるハードウェアアクセラレーションに高速光通信機能を搭載したFPGAアクセラレータボード「APX−AA10L1」を発売した。ビッグデータの処理ボードとして、データセンターなどのシステムに対応する。

[MONOist]
FPGAアクセラレータボード「APX-AA10L1」 FPGAアクセラレータボード「APX-AA10L1」 出典:アバールデータ

 アバールデータは2017年8月21日、FPGAによるハードウェアアクセラレーションに高速光通信機能を搭載したFPGAアクセラレータボード「APX-AA10L1」を発売した。クラウドコンピューティング市場で求められるビッグデータの高速処理ボードとして、データセンターなどのシステムに適している。

 同ボードは、アクセラレータ処理にインテルのFPGA「Arria 10GX」を搭載。分散/統合処理向けには40Gbpsの高速通信が可能な光モジュールを2チャンネル、メモリは72bit幅のDDR4を2系統搭載している。

 Arria 10GXはマイグレーションが可能な1152ピンパッケージを搭載。他に、FPGA空冷用ファン付きヒートシンクも備えた。PCI-Express3.0 Gen3(8Gbps)×8レーン、及びRoHS指令にも対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.