ニュース
» 2017年09月06日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:劣悪環境下でも稼働するセンサーをIoTプラットフォームに追加

富士通九州ネットワークテクノロジーズは、同社のセンサーネットワークIoTプラットフォーム「QNET SensorNetwork IoT Platform」に、劣悪環境下でも稼働する「耐環境センサーノード」を追加した。

[MONOist]

 富士通九州ネットワークテクノロジーズは2017年8月9日、同社のセンサーネットワークIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「QNET SensorNetwork IoT Platform」に、劣悪環境下でも稼働する「耐環境センサーノード」を追加したと発表した。

「耐環境センサーノード」 「耐環境センサーノード」(クリックで拡大) 出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ

 耐環境センサーノードは、耐環境性に優れた筐体を持ち、マンホール内や工場設備など、これまでセンシングが難しかった防水/防塵、耐振動、耐候性が求められる環境でも使用できる。

システム適用イメージ システム適用イメージ(クリックで拡大) 出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ

 鉄蓋などの鉄部には、強力なマグネットで取り付けが可能。内蔵バッテリーやオプションのエネルギーハーベスタによる電源駆動により、ケーブル設置などの工事も不要だ。

マンホール鉄蓋装着イメージ マンホール鉄蓋装着イメージ 出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ

 本体サイズは154×154×52mm。加速度3軸/角速度3軸の振動センサーを標準で搭載。その他のセンサーは、要望により個別対応する。

適用事例 適用事例(クリックで拡大) 出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.