ニュース
» 2017年09月08日 06時00分 公開

自動運転技術:パイオニアが自動運転向けライダーをサンプル出荷、2017年9月下旬から

パイオニアは2017年9月下旬から車載用ライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)のサンプル出荷を開始する。国内外の自動車メーカーや、地理情報システム(GIS)を手掛けるICT企業向けに提供し、一般道でのレベル3以上の自動運転車や、次世代GISサービスでの採用を目指す。量産化は2020年以降としている。

[齊藤由希,MONOist]

 パイオニアは2017年9月7日、同月下旬から車載用ライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)のサンプル出荷を開始すると発表した。国内外の自動車メーカーや、地理情報システム(GIS)を手掛けるICT企業向けに提供し、一般道でのレベル3以上の自動運転車や、次世代GISサービスでの採用を目指す。量産化は2020年以降としている。

サンプル出荷するライダー(クリックして拡大) 出典:パイオニア

 サンプル出荷を開始する「3D-LiDAR」は、開口部の小さいMEMSミラーとレンズを組み合わせ、光学設計を最適化することにより車載用での実用化を実現するとしている。サンプル出荷後は、企業ごとの用途に適した仕様や形状、サイズを検討する。また、ライダーでは難しいとされていた黒色の物体の検知や、遠距離での認識精度向上に向けた技術の開発も進めていく。

 パイオニアのライダー開発は、光ディスク技術の蓄積が基になっている。2015年に開催した東京モーターショーでは価格を1万円以下に抑える目標を明言した。自動車関連の各種展示会では、車両の四隅に装着して周辺監視を行うタイプと、前方監視に使うタイプを披露している。

 ある日系自動車メーカーはライダーについて「デザイン上の制約になるので、車両に搭載実績のあるセンサーと同程度の大きさが望ましい」と小型化を重視する。また、車線変更時の横の空間の検知や、急な割り込みへの対処などで分解能の高いライダーが必要だとする方針の自動車メーカーもある。ライダーを採用するのは「自動車分野で初めて」(アウディ)だというアウディのフラグシップセダン「A8」は、ライダーとカメラ、ミリ波レーダーを組み合わせて、高速道路での自動運転に必要な前方監視を行う。

関連キーワード

自動走行車 | 車載 | パイオニア | MEMS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.