ニュース
» 2017年09月11日 10時00分 公開

3Dプリンタニュース:「NX」からHPの“10倍速”3Dプリンタへ直接出力、ボクセル単位設計も視野

シーメンスPLMソフトウェアは、同社の3D CADツール「NX」で設計したデータを変換することなく、HPの産業用3Dプリンタ「HP Multi Jet Fusion」で直接出力するためのソフトウェアモジュール「NX AM for HP Multi Jet Fusion」を開発した。

[朴尚洙,MONOist]

 シーメンスPLMソフトウェアは2017年9月6日(米国時間)、米国ボストンで開催中のプレス・アナリスト向けイベント「Siemens Industry Analyst Conference」において、同社の3D CADツール「NX」で設計したデータを変換することなく、HPの産業用3Dプリンタ「HP Multi Jet Fusion」で直接出力するためのソフトウェアモジュール「NX AM for HP Multi Jet Fusion」を開発したと発表した。

 シーメンスグループは、製品の設計や生産プロセスにおける「デジタルツイン」を実現していく上で、3Dプリンタとしても知られている積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術の開発やエコシステムの構築に注力している。従来のFDM(熱溶解積層)方式やSLS(粉末焼結造形)方式と比べて“10倍速い”とする「Multi Jet Fusion」を展開するHPは、シーメンスグループのAM技術のパートナーとして協調関係にある(関連記事:シーメンスが注力する積層造形ソリューション、「パートナーとの協力を重視」)。

AM技術を製品の設計や生産に適用するためシーメンスグループとHPは協調している AM技術を製品の設計や生産に適用するためシーメンスグループとHPは協調している(クリックで拡大) 出典:HP

 NXは、3Dプリンタによる直接出力を可能にするソフトウェアモジュール「NX AM」を直近12カ月で8種類展開しているが、NX AM for HP Multi Jet Fusionはその最新版となる。これによりサードパーティーソフトなどを用いたデータ変換作業が不要になる他、さまざまな部品を入れ子にして一度に3Dプリントする「3Dネスティング」の自動化も可能になる。将来的には、ボクセル(Voxel)単位で材料特性を変更していく複雑な3Dプリントへの対応も視野に入れている。

部品セットを入れ子にして3層重ねて3Dプリント

HPのミシェル・ボックマン氏 HPのミシェル・ボックマン氏

 同イベントにおける同年9月7日の講演には、シーメンスPLMソフトウェアのAM技術担当者とともに、HPのglobal head of 3D Printing Commercial Expansion and Developmentのミシェル・ボックマン(Michelle Bockman)氏が登壇した。ボックマン氏は「AM技術を生産に適用していく上で、3D CADからのデータ変換作業は課題になっていた。これを自動化するNX AM for HP Multi Jet Fusionは極めて有用だ」と語る。

 また、3Dネスティングの機能向上についても言及し「従来は、ある80個の部品セットを2層重ねて3Dプリントしていたが、現在は3層重ねて3Dプリントできるようになった。これにより生産性が25%向上し、部品1個当たりの生産コストも16%削減できている」(同氏)という。

「3Dネスティング」の機能向上 「3Dネスティング」の機能向上(クリックで拡大) 出典:HP

 また、開発を進めているボクセル単位での3Dプリントの応用として、カラー出力部分を摩耗検知に用いる事例を挙げた。

ボクセル単位3Dプリントの応用例ボクセル単位3Dプリントの応用例 ボクセル単位3Dプリントの応用例。カラー出力部分を摩耗検知に用いる(クリックで拡大) 出典:HP

(取材協力:シーメンスPLMソフトウェア)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.