特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年09月13日 11時00分 公開

製造業IoT:シーメンスがデジタル戦略を説明「高齢化進む日独でこそデジタル化が力に」 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「MindSphere」の国内展開も立ち上げ

シーメンス日本法人の藤田研一氏 シーメンス日本法人の藤田研一氏

 MindSphereの展開は、さまざまなエコシステムパートナーとともに強力に推進している。MindSphereがうたう“オープン”については「いわゆるオープンソースソフトウェア(OSS)ではない。サードパーティーやデベロッパーに対してMindSphereにアクセスできるAPIの仕様を公開していること、さまざまなクラウドプラットフォームからアクセスできることを“オープン”と捉えている」(ブッシュ氏)という。

 日本国内におけるMindSphereの展開は立ち上がったばかりだ。シーメンス日本法人 社長兼CEOの藤田研一氏は「日本国内でも強力なパートナーとともに包括的なエコシステムを構築中だ。2018年にはもっとパートナーが増えているだろう。シーメンスPLMソフトウェアのPLMツール『Teamcenter』をはじめとする製造ITツールとの統合も、もう少し時間はかかるが段階的に進めていくことになるだろう」と説明する。なお、国内パートナーには、パナソニックや電通国際情報サービス、ジェイテクト、ABEJAなどが加わっている。

「MindSphere」のグローバルパートナー「MindSphere」の日本国内パートナー 「MindSphere」のエコシステム。グローバルパートナー(左)だけでなく、日本国内でもパートナーを広げている(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンス

 藤田氏はこの他、デジタルサービスの事例として、発送電ビジネスに関わるデジタル化の事例を紹介した。電力系統インフラのデジタル化では、MindSphereに対応するソフトウェアとして「EnergyIP」を提案しており、発電タービンをモニタリングする「Data Analytics & Application Center(DAAC)コンセプト」や、需要データ、価格データ、発電データなどの社内外のデータから最適な発電計画を行う「Economic Dispatch Model(最適経済運用モデル)」などもあるという。

電力系統インフラのデジタル化「DAACコンセプト」と「最適経済運用モデル」 発送電ビジネスのデジタル化の事例。電力系統インフラのデジタル化(左)、「DAACコンセプト」と「最適経済運用モデル」(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンス

 また、デジタル化を推進する重要な要素として「多層防御をコンセプトとするセキュリティにも力を入れている」(藤田氏)という。

シーメンスのサイバーセキュリティ シーメンスのサイバーセキュリティ(クリックで拡大) 出典:シーメンス
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.