ニュース
» 2017年09月19日 06時00分 公開

電気自動車:「世界初」の量産電気トラック、三菱ふそうがセブンイレブンなどに納入開始

三菱ふそうトラック・バスは、量産小型電気トラック「eCanter」を発表した。2017年度から米国、欧州、日本で納入を開始する計画で、国内向け車両は川崎工場で、欧米向け車両はポルトガルのトラマガル工場で既に生産を開始した。

[齊藤由希,MONOist]
量産小型電気トラック「eCanter」を発表した(クリックして拡大) 出典:三菱ふそうトラック・バス

 三菱ふそうトラック・バスは2017年9月14日(現地時間)、量産小型電気トラック「eCanter」を米国ニューヨーク市で発表した。2017年度から米国、欧州、日本で納入を開始する計画で、国内向け車両は川崎工場で、欧米向け車両はポルトガルのトラマガル工場で既に生産を開始した。2019年から一般向けにも量産する。今後2年間で500台の販売を上積みする計画だ。

 電気トラックの量産は「世界初」(三菱ふそうトラック・バス)としている。

日本ではセブンイレブン、米国では大手貨物輸送会社に納入

 発表したeCanterは、車両総重量が7.5トンクラスで走行距離は100km以上だ。最大出力129kW、最大トルク420Nmの駆動用モーターと、バッテリー容量13.8kWh、電圧360Vのリチウムイオン電池パック6個を搭載する。従来のディーゼルエンジン車と比較して、走行距離1万kmあたり最大1000ユーロ(約13万1000円)のコスト削減を可能にするという。

 eCanterの生産開始に先駆けて、2017年5月に川崎工場内に国内で初となる電気トラック用の急速充電設備「EV Power Charger(EVパワーチャージャー)」を開設した。

 川崎工場では既に50台を生産し、うち25台はセブン‐イレブン・ジャパンに納入する。トラマガル工場では100台を生産。米国では貨物輸送会社のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)への納入が決定している。UPSは保有車両をゼロエミッショントラックに移行することを計画する。この他、ニューヨーク市の4つの非営利団体にもeCanterを提供する。

 三菱ふそうトラック・バスは、2010年のフランクフルトモーターショーに小型電気トラックのプロトタイプを初めて出展。2013年には第2世代のプロトタイプを発表するとともに、NEXCO中日本と実用共試を実施。その後、ポルトガルやドイツでも実証実験を行い、環境性能や経済性を確認した。

 なお、三菱ふそうトラック・バスの親会社であるDaimler(ダイムラー)のトラック部門は、バッテリーを製造するメルセデス・ベンツ・エナジーや充電設備のプロバイダーのChargePointに加えて、高速充電技術を開発するStoreDotにも投資することを決めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.