ニュース
» 2017年09月19日 13時00分 公開

VRニュース:HoloLensと高速3Dスキャナーの連携システムで技術提携

ハニカムラボとVRCは、「HoloLens」と高速3Dスキャナーを連携するシステム開発のための技術提携に合意した。両社のノウハウを融合し、3Dスキャンの後、さまざまなコンテンツ上でユーザーが見たり遊んだりできるワンストップシステムを構築する。

[MONOist]

 ハニカムラボとVRCは2017年8月28日、ホログラフィックコンピュータ「HoloLens」をはじめとする「Windows Mixed Reality」と、高速3Dスキャナーを連携するシステムを開発するための技術提携に合意した。

 Windows Mixed Realityは、MicrosoftがMR(複合現実)、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)を体験するためのデバイスとして掲げているプラットフォーム。ヘッドマウント型のホログラフィックコンピュータHoloLensもその1つだ。

 ハニカムラボは、3Dをベースとした体験型コンテンツの企画/開発を手掛けており、リアルタイム3D技術のアウトプット/コンテンツを得意とする。また、VRCはインプット/3Dスキャンに強みを持ち、高速モデリング処理技術を使った人体用3Dスキャナー「Shun'x」を開発/販売している。

 両社はそれぞれのノウハウを融合し、HoloLensと3Dスキャナーを連携するシステムの開発を目指す。3Dスキャンから、さまざまなコンテンツ上でユーザーが見たり遊んだりできるまでを、ワンストップで提供できるようなシステムを構築する。

photo 「Microsoft HoloLens」
photo 約4秒で全身が撮影できる高速3Dスキャナーシステム「Shun'X」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.