ニュース
» 2017年09月27日 15時00分 公開

医療機器ニュース:「世界最細」となる3mm径の手術用綿棒を実用化

大阪大学と山洋が、世界で初めて3mm径の極細綿棒を開発した。臨床評価を経て「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」として実用化し、2017年9月15日より販売を開始した。

[MONOist]

 大阪大学は2017年9月11日、綿棒メーカーの山洋と共同で、3mmの極細径な綿棒を開発したと発表した。3mm径の開発は「世界初」(大阪大学)としている。

 コットン糸を巻き付ける製法では、5mm径よりも細い綿棒を作成することは不可能だと見なされてきた。そこでコットンパウダーを軸に吹き付けた後、一定の型に立体造形する技術を採用。3mmという極細径化と、自由な凸凹型のデザインが可能となった。

 今回採用した製法で作成した綿棒は、微粒子数計測検査により、先発品よりも1000倍以上もコットンくずが少ないことを確認。体液中への異物溶出が減ることによって、感染リスクの軽減が見込めるようになる。さらに極細径化により、傷跡がほぼ残らない、術中の視野を妨げない、愛護的に細かな作業ができるといった利点がある。

 本綿棒は臨床評価を経て「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」として実用化し、同年9月15日より販売を開始した。

photo 3mm手術用綿棒 出典:大阪大学
photo 規格(クリックして拡大) 出典:大阪大学
photo 腹腔鏡手術イメージ(クリックして拡大) 出典:大阪大学
photo 術後切開部の比較(クリックして拡大) 出典:大阪大学

関連キーワード

大阪大学 | 医療機器ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.