ニュース
» 2017年09月27日 10時00分 公開

組み込み開発ニュース:機能拡張したモデルベース検証支援ツールの最新版

キャッツは、モデルベース検証支援ツールの最新版「ZIPC Tester Ver.3.1」を発表した。Simulinkのモデル検証の担当者依存や担当者の負担を軽減して、モデル検証をより一層効率的に支援する。

[MONOist]

 キャッツは2017年9月5日、モデルベース検証支援ツールの最新版「ZIPC Tester Ver.3.1」を発表した。同年10月31日より販売を開始する予定で、自動車メーカーやサプライヤー企業を中心に、今後3年間で1億円の売り上げを見込む。

 ZIPC Tester Ver.3.1は、制御システム開発技法の主流であるモデルベース開発(MBD)において、Simulinkのモデル検証を効率化するツールだ。テスト入力波形設計に特化したエディタにより、テスト設計を効率化できる。また、入力の組み合わせの自動生成や対象システムの状態遷移モデルからのテストパターン生成にも対応。テスト資材とテスト結果を一元管理する他、テスト結果の自動判定や波形比較ビューにより、効率的にテスト結果を確認できる。

「ZIPC Tester Ver.3.1」状態遷移モデルとテスト入力波形 「ZIPC Tester Ver.3.1」状態遷移モデルとテスト入力波形(シナリオモデル)(クリックで拡大) 出典:キャッツ

 最新版では、Stateflowと状態遷移表の双方向コンバート機能を追加。Signal Builderのmスクリプトの生成からSimulinkでのテスト実行までをシームレスに実行できる。他に、シナリオエディターやテストケースのマネジメント機能のユーザビリティが向上したことで、Simulinkのモデル検証の担当者依存や担当者の負担を軽減し、モデル検証を効率的に支援する。

 車載システムはさまざまなシステムと接続するため、複雑な制御を高品質で開発する必要がある。そのため、自動車に代表される制御システム開発はMBDが主流になりつつあり、モデル化による仕様や設計の可視化などで開発効率/品質が向上している。一方で、モデルの検証方法は担当者に依存することが多く、テスト設計、確認方法、品質などに多くの課題を抱えていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.