ニュース
» 2017年10月02日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:日産の国内21モデル6万台の在庫が販売停止、全工場で完成検査が正規に実施されず

日産自動車は、軽自動車を除いた国内向けの車両について日産販売会社が持つ在庫の販売を一時停止すると発表した。販売停止となったのは、ほぼ全車種となる21モデル6万台。

[齊藤由希,MONOist]

 日産自動車は2017年9月29日、軽自動車を除いた国内向けの車両について日産販売会社が持つ在庫の販売を一時停止すると発表した。販売停止となったのは、ほぼ全車種となる21モデル6万台。間もなく発売予定の電気自動車「リーフ」や、コンパクトカー「ノート」など乗用車の他、救急車など商用車も該当する。

 車両製造の最後に1台ずつ実施する完成検査工程において、自動車メーカーの社内規定に基づき認定を受けた完成検査員が検査を実施するよう国土交通省は定めている。これに対し、日産自動車では国内全工場で、認定を受けていない補助検査員が検査の一部を行っていた。同年9月18日に国土交通省が日産車体 湘南工場に抜き打ちで立ち入り検査を実施したことにより、この事実が発覚した。

 国土交通省は日産自動車 追浜工場と日産車体九州、日産自動車九州でも立ち入り検査を実施。同様に補助検査員が完成検査を実施していたことが分かった。さらに、日産自動車は同年9月29日に国土交通省に対し、日産自動車 栃木工場と日産車体 京都工場も完成検査が正規に実施されていない状態だったと報告している。

 完成検査の不備が始まった時期については「第三者を含むチームによって今後調査を進めていく」(日産自動車)とし、明らかになっていない。そのため既に販売した車両も完成検査の不備に該当する可能性があり、新車登録の記録などから特定できた車両は使用者に連絡するとともに、順次リコールを届け出る。販売会社が抱える在庫は販売店で再検査を実施し、登録手続きを再開する予定だ。

 日産自動車の完成検査員は合計300人、認定を受けていない補助検査員は19人在籍している。国土交通省は完成検査を確実に実施できる業務体制への改善を日産自動車に要求。日産自動車は、同年9月29日のプレスリリースで問題のあった工程は規定通りに是正され、既に通常通りの生産と登録手続きが行われているとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.