第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月04日 07時00分 公開

東京モーターショー 2017:将来のインテリジェントモビリティを体現、コンセプトカーを世界初公開

日産自動車は、「第45回東京モーターショー 2017」の出展概要を発表した。将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカーを世界初公開する他、電気自動車(EV)「リーフ」やミニバン「セレナ」のNISMOモデルなども出展する。

[齊藤由希,MONOist]
電気自動車「リーフ」のNISMOモデルを参考出展(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 日産自動車は2017年10月3日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)の出展概要を発表した。将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカーを世界初公開する他、電気自動車(EV)「リーフ」やミニバン「セレナ」のNISMOモデルなども出展する。

 ブースは「Spiral」をテーマに、過去から現在、未来へ向けてクルマが提供し続ける感動や体験を象徴的に表現する新しいデザインを採用する。最新のEVや、将来のニッサンインテリジェントモビリティが実現するヒューマンマシンインタフェース(HMI)が体感できる展示も行う。

 参考出展となるリーフ NISMOコンセプトは、専用エクステリアの採用によりCd値(空気抵抗係数)を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現するとしている。インテリアはブラック内装にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントを施した。また、チューニングされた専用サスペンションや高性能タイヤを採用するとともに、モーター駆動の特色を生かした瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピュータ(VCM)を搭載している。

リーフ NISMOコンセプトの内外装のデザイン。インテリアはレッドがアクセントカラーに(左)。エクステリアは空気抵抗を悪化させることなくリフト量を低減(中央、右)(クリックして拡大) 出典:日産自動車
セレナのNISMOモデルは多人数での使い勝手や乗員の快適性を損なわずに迫力あるスタイリングと爽快なドライビングを目指した(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 セレナのNISMOモデルは2017年11月の発売を予定している。

 この他にも、2017年12月下旬に一部改良を実施して発売する「スカイライン」も展示する。「全方位型運転支援システム」を全グレードに標準装備とし、動力性能と環境性能を両立するハイブリッドシステムや、意のままで快適なハンドリングを実現したダイレクトアダプティブステアリングも搭載。今回の一部改良を機に外観デザインやアルミホイールのデザインを刷新する。

間もなくマイナーチェンジを迎える「スカイライン」(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 なお、日産自動車は、車両の生産工程の最後に実施する完成検査工程において、国土交通省に届け出た社内規定で定める資格を持たない社員が検査を実施したとして、2014年10月〜2017年9月に製造されて初回車検を迎えていない車両121万台のリコールを実施する。2017年10月2日に開いた会見で、日産自動車 社長の西川廣人氏は「東京モーターショーには影響が出ないようにする」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.