ニュース
» 2017年10月10日 08時00分 公開

IoTセキュリティ:ファイアウォール内の機器を遠隔操作するIoT接続基盤ソフトを発売

東芝情報システムは、ファイアウォール内側の組み込み機器をクラウド上から安全/リアルタイムに操作できるIoT接続基盤ソフトウェアをパッケージ化した「NetNucleus Cloud Hub」を販売した。

[MONOist]

 東芝情報システムは2017年9月20日、IoT(モノのインターネット)接続基盤ソフトウェアをパッケージ化した「NetNucleus Cloud Hub(ネットニュークリアス クラウド ハブ)」を発売した。ファイアウォール内側の組み込み機器をクラウド上から安全/リアルタイムに遠隔操作できる。

「NetNucleus Cloud Hub」のイメージ 「NetNucleus Cloud Hub」のイメージ(クリックで拡大) 出典:東芝情報システム

 IoTの普及に伴い、企業や家庭の機器を遠隔操作してメンテナンスサービスを提供したいというニーズが高まっている。通常、これらのネットワークはファイアウォールで守られ、リアルタイムな遠隔操作にはファイアウォールの設定変更や、専用回線/ゲートウェイの設置といった対応が必要となる。

 同製品は、Webアプリケーションで双方向通信を行う規格「WebSocket」を応用。ファイアウォールの設定を変更することなく、既設のインターネット回線を利用して導入できる。遠隔地から企業や家庭内の機器をリアルタイムに操作できる他、通信にTLS(Transport Layer Security)を用いて強固なセキュリティも備えた。

 また、数千〜数十万台といった機器をクラウドに接続する場合、接続数の増加に応じて、通信コストと大量の機器を接続するためのサーバ増強などのコストも発生する。同製品は、既設のインターネット回線を利用するため、追加の通信コストが発生しない。また、独自の負荷分散技術により、エントリークラスのサーバ2台で10万台超の同時接続を保つことができる。

 同社では今後、同製品を含め、組み込み機器に特化したIoT事業で年間10億円の売り上げを目指す。

関連キーワード

IoT | ファイアウォール | セキュリティ | TLS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.