第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月10日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:ダイハツが4ドアクーペや軽商用EVを世界初公開、排気量1.2リッターHVシステムも

ダイハツ工業は、「第45回東京モーターショー 2017」において、「ミゼット」(1957年発売)や「コンパーノ」(1963年発売)をモチーフにしたコンセプトカーなど4台を世界初公開する。

[齊藤由希,MONOist]
「ミゼット」など過去のモデルをモチーフにしたコンセプトカーが登場する(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 ダイハツ工業は2017年10月6日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)において、「ミゼット」(1957年発売)や「コンパーノ」(1963年発売)をモチーフにしたコンセプトカーなど4台を世界初公開すると発表した。排気量1.2l(リットル)のエンジンと組み合わせるハイブリッドシステムを搭載する可能性も示唆している。

 コンセプトカーでは、少子高齢化や働き方の多様化など身近な社会課題や環境変化を踏まえ、ダイハツ工業ならではの視点から「軽やかに輝いた暮らし」を提案する。

 ミゼットをモチーフにしたのは、軽商用車タイプの電気自動車(EV)「DN PRO CARGO(ディーエヌ プロカーゴ)」だ。低床フラットフロアと1600mmの室内高による広い室内空間と、用途に合わせて変化させられる荷室を実現。高齢化や女性の社会進出が進む中で、地域や業種を問わず、さまざまな人の仕事のパートナーとなるモデルを目指した。

軽商用EVの「DN プロカーゴ」(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業
用途のイメージ(左)。インテリアのデザイン(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 コンパクト4ドアクーペ「DN COMPAGNO(ディーエヌ コンパーノ)」は、コンパーノの車名とコンパクトながらスタイリッシュなデザイン思想を継承。伸びやかなシューティングラインを備える。前席で大人2人がゆったり過ごせるパッケージと、スポーティで上質感のあるインテリアを採用した。パワートレーンは排気量1.0lのターボエンジンだが、排気量1.2lのエンジンと組み合わせるハイブリッドシステムも搭載可能だとしている。豊かなセカンドライフに向けたクルマと位置付けている。

コンセプトモデルのDNコンパーノ(左)と過去に市販されたコンパーノ(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業
DNコンパーノのインテリア(左)。リアクオータービュー(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 同じハイブリッドシステムは、コンパクトSUVのコンセプトモデル「DN TREC(ディーエヌ トレック)」にも搭載する。「アクティブ、ファン、タフ」をテーマにしたスタイリングとインテリアで、日常と趣味の両立を実現するとしている。

コンパクトSUVの「DNトレック」(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 軽自動車「タント」のようなモアスペース系軽自動車のコンセプトモデル「DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)」も世界初披露する。ハンズフリー機能を備えたBピラーインの大開口前後スライドドアや、助手席チップアップシートによる室内ウォークスルー、前席パノラマビューなどによる使い勝手の良さを実現した。パワートレーンは排気量660ccのガソリンエンジン。

 この他にも、2017年8月のインドネシア国際オートショーで披露したMPV(多目的車両)「DN MULTISIX」が日本初公開となる。

DNユースペースの外観(左、中央)。大開口で使いやすい(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業
DNマルチシックスはジャパンプレミアとなる(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.