ニュース
» 2017年10月11日 07時00分 公開

FAニュース:最大可搬質量7kgの6軸垂直多関節小型ロボット、電機や食品業界向け

川崎重工業は、最大可搬質量7kgの6軸垂直多関節ロボット2機種「RS007N」「RS007L」を発表した。産業分野に加え、他業界でも高まっている可搬質量10kg以下の小型ロボット導入ニーズに、よりきめ細かく対応する。

[MONOist]

 川崎重工業は2017年9月26日、最大可搬質量7kgの6軸垂直多関節ロボット2機種「RS007N」「RS007L」を発表した。RS007Nは同年12月1日、RS007Lは同年10月1日から販売を開始。価格はそれぞれ265万円/275万円となる(いずれも税別)。

 アーム構造や駆動系を見直すことで、最高速度と加速度を向上させた。また、負荷質量や姿勢に合わせて加速度を変更し、いつでも最適な性能を発揮できる。これにより、サイクルタイムを短縮する。

 リーチ長は、RS007Nが730mm、RS007Lが930mm。上部アームを片持ち構造とすることで、最大リーチ長やロボット下方、背面、近傍の動作領域を拡大した。設置性能も高く、ビジョンケーブルやセンサーハーネス、エアー配管などをアームに内蔵できる。周辺装置との干渉を回避できるため、狭い空間内でも作業可能だ。床置き/天吊り設置にも対応するなど、柔軟な生産設備構築に貢献する。

 また、モーターを全軸機内に配置し、コネクター部には防水コネクターを採用。防塵/防水性能を手首はIP67、基軸はIP65に高めた。

 従来の産業分野に加え、電機・電子業界や食品業界でも小型ロボットの導入ニーズが高まっている。これを受けて、同社では可搬質量10kg以下の小型ロボットマーケットニーズによりきめ細かく対応できるよう、Rシリーズのラインアップを見直し、今回の2機種を追加した。

photo

関連キーワード

ロボット | FA | 防水 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.